スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ

トップバナー

(このページは常にトップに表示されます)

**********

こんにちは!

このブログは自作パソコン(自作PC)の話題を中心に、パソコンパーツやパソコンの修理の事例などを紹介しています。また、パソコン自作の代行や、自作パソコンの販売なども行っています。


○パソコン自作代行

オンラインPCゲーム向けのハイスペックパソコンから、オフィス用途向けの低電力・低騒音のパソコンまで、使用する方の用途に合わせてパソコン自作の代行を行います。

お好みの最新のパーツを選択していただけば、快適なパソコン環境を提供することができます。

一方、価格を抑えたい場合や店舗では入手しにくいパーツを使用する場合などは、中古品やネットオークションを利用して入手します(オークション利用時は、別途、落札代行費用をいただきます)。

自作パソコンならではの、自由な設計をお楽しみください。

自作パソコン組立て代行について、詳しくはこちら

過去に組み立てた自作パソコンについてはこちら


○お得なパーツ紹介

管理人は日ごろからネットオークションをチェックし、相場よりも安い値段で出品されている、お得なパーツを落札しています。

ネットオークションのパーツは動作を保証しない、という物も少なくありませんが、管理人が提供するパソコンは中古パーツを使用したパソコンでも7日間の動作保証があるので安心です。

現在、所有しているお得なパーツの紹介はこちら(※パーツ単体の販売はしておりません)。


○お問い合わせ

お問い合わせは

pcyourself25☆gmail.com (☆をアットマークに変えてください)

まで、よろしくお願いします!


○コンテンツ紹介
【自作パソコン関連】
自作パソコン組立て代行
自作パソコン組立てレポート
・自作パソコン販売

【パーツ関連】
パーツ紹介

【その他】
・パソコン修理レポート
日記・雑談
スポンサーサイト

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

Core i7 4765T 買った!

やや久々の更新です。

今日は、Haswellの発売日ですね!

で、Wikipediaを見ていたら
http://ja.wikipedia.org/wiki/Haswell%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3

i7の欄にTDP35Wの記載があるではないですか。

その名も「Core i7 4765T」!

ふぉー、ということで、買ってきました。

i7 4765T

ちなみに、価格は34,800円(TWO TOP秋葉原本店)。

ドスパラパーツ館には33,800円位で売っていたので、1,000円ほど高かったです。ただ、ドスパラは11時開店のようで、10時過ぎに秋葉原に到着したときはまだ開店していませんでした。

Haswellの在庫状況がわからなかったので、あるうちに抑えようと、すでに開店していたTWO TOPで買いました。後悔はしていません(笑)。


さて、早いもので、Sandy Bridgeのi5 2390Tの購入を紹介したのが2011年7月(http://pcyourself.blog103.fc2.com/blog-entry-39.html)。約2年の歳月を経て、デスクトップPC向けで、TDP35W、4コア8スレッドのCPUが売りだされたわけです。

2390Tがなかなか入手できなかった経験から、今回はさっさと買いに行きました。


ところで、今日のYahoo!ニュース、

【レポート】ついに「Haswell」が発売 - 深夜販売に沸く秋葉原
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130602-00000010-mycomj-sci

の中で

> やはり最上位モデル「Intel Core i7-4770K」が人気なほか
> Ivy Bridgeと同様にTDP65Wの「Intel Core i7-4770S」や
> TDP45Wの「Intel Core i7-4770T」の注目度も高いという。

とありますが、Ivy Bridgeと「同様」の物が注目を集めてどうするのでしょう?

どう考えても、注目度が高いのは、Haswellで「初の」TDP35Wの「4765T」ですよね。
disらないでください。

#一番売れないのも「4765T」だとは思いますが(笑)


Ivyの3770Tは見送ったので、2年ぶり、自宅仕事用PCの構成見直しになります。

組み立て・設定が終わり次第、性能比較などの記事をアップします。

【追記】
Haswellの価格(秋葉原)の一覧
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20130601/ni_i_cp.html

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

T232HLbmidz が届きました

ようやく、T232HLbmidzが届いて使ってみました。

20130408165822.jpg

液晶と液晶のカバー(前面のガラス?)の間に、1mm程度のゴミが1個入っていました(当然、取れません)。まぁ、これは仕方がないレベルなのかもしれません。ドット欠けはありませんでした。

液晶の表示に関しては、なんの問題もありませんでした。ただ、残念なことに、出先の事務所では映り込みが激しく、使用を断念し、自宅で利用する予定です(グレアパネルなので、ある程度は予想していました)。

NUC規格のマザーボードで、CPUはCore i3-3217U(2コア1.8GHz)。決して高性能なCPUではありませんが、タッチパネルはストレスなく使用できました。OSはWin8 Pro(ノーマル版)です。

いくつかタッチパネル式のディスプレイが出ていますが、VESA対応のものは(現時点では)このT232HLbmidzしかないようです。

ディスプレイ下部についている、アクリル板は取り外し可能です。ただ、ディスプレイアームに取り付けない場合には、スタンドの構造上、アクリル板を取り外すとうまく立ちません(写真はディスプレイアームに取り付けています)。

机の上に「立てかける」イメージなのですが、建て替え用のスタンドも取り外し可能です。

まだまだ、品不足が続いているようですが(2013年4月15日時点)、ドスパラでは購入することができるようで、徐々に流通し始めたみたいです。

T232HLbmidz まだか?

昨年末、Acerの10点タッチ対応のタッチパネルディスプレイ、T232HLbmidzを秋葉原の店頭で買おうとしたのですが、「午前中まで在庫があったのですが…」という感じで、どこの店でも売り切れていました。

それからもうすぐ3ヶ月。いまだに買えないというのはどういう事なの?

ちなみに、そのT232HLbmidzのメーカーHPはこれ↓
http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/model/UM.VT2SJ.001

ネットショップで注文はしたものの、2週間経った現在でさえ、

「工場生産待ち 次回メーカー出荷時期 未定」

というメールが来ました。

10点タッチ対応のディスプレイはLGからも、DELLからも出ているのですが、いずれもVESA非対応(ディスプレイアームに取り付けられない)のようなんです。

せっかく、Windows8にしたので、タッチパネル対応ディスプレイで楽しんでみたかったのですが、まぁ、気長に待つとしましょう。

届いたら、このブログでもレポートします!

【追記】
手元に届いたので、記事にしました。
http://pcyourself.blog103.fc2.com/blog-entry-55.html

テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

新しいパソコン作りました

相変わらず、動かない中古PCを買って、使えるパーツで新しいPCを組んだりしています。

最新のPCはこれです!


mypc.jpg


まだ、ケースには入れていないのですが。

ケースはAbeeのmini-ITX専用のアルミケース(ヤフオクで入手済みの中古)にする予定です。


このCPUクーラー、なかなか優秀です。結構取り付けにくいけど、バックプレートがないネジ式なので、汎用性が高いです。

たまに、マザボのCPUの裏側に、最初からプレートがついていて、CPUクーラーのバックプレートと競合することがありますが、プレートがなければ無縁ですからね。

大きいファンだけあって、冷却性能もなかなか。 純正クーラーより5~8度は低い感じです。


CPU・メモリ・マザボ・DVDマルチ・電源ユニットは、ヤフオクの中古品で、SSD・グラボは新品で購入。


スペックは

CPU:Core i7 2600K
マザボ:Zotac H67-ITX wifi
メモリ:4GB×1枚
ストレージ:Intel SSD 120GB
光学ドライブ:DVDマルチ
グラボ:HD7750(DDR5 1GB)
電源:600W (80PLUS認証なし)


Windows7のエクスペリエンスインデックスもなかなか優秀です。

36438395_1856431208_37large.jpg


撮影後、光学ドライブと電源はヤフオクに出品してしまいましたw



テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

マイクラのお問い合わせがちらほらと

ほんと、ブログ放置ですみませんm(_ _)m

仕事がどうにも忙しく、どうにもなりませんね。

こんなブログですが、マイクラ(マインクラフト minecraft)絡みで結構きていただいているみたいですね。

何回か、マイクラに関するご質問をいただきました。

うちのサーバーのVer.はbukkitの1.4.2ですが、いろいろ機能が増えていますよね。

サバ友は付いて行っていますが、私はまったくです。正式リリース前の機能しか使ってなさそう^-^;

っていうか、樹の種類なんて、増やすだけ面倒くさいと思うんですけどねw

というわけで、今後とも、当ブログをよろしくお願いします。



一か月以上更新がないと、表示される広告を消すためだけの、更新でしたw

テーマ : 日記・日誌
ジャンル : コンピュータ

忙しくて更新できませんが・・・

最近、仕事が忙しく、ブログの更新ができず、申し訳ありません。

自作PCは、ここ半年の間に、自分用に2台作成しました。

1台は新品パーツで作った、超小型PCで、もう一台は、ヤフオクで落札したゲーム用小型キューブPCに手を加えたものです。

詳しく紹介するのは、年明けになるかもしれませんが、時間を見つけて公開したいと思います。

テーマ : 日記・日誌
ジャンル : コンピュータ

新MacBook Pro(Retina) 購入見送り

CPU、SSD、Retinaディスプレイなどの、高性能なハードウェア群にもかかわらず、20万円を下回る低価格で売り出されたMacBook Pro。

http://www.apple.com/jp/mac/?cid=OAS-US-DOMAINS-mac.com

今までMacを使ったことがなかった私も、コストパフォーマンスに惹かれ購入を検討、実機をアップルストアに見に行きました。

その結果、残念ながら購入を見送ることになりました。


理由ですが

1.高解像度のメリットが少ない。
2.キーボードが押しにくい。

この2点になります。


なお、もしかしたら思い違いを書いている可能性があります。

その際は、コメントにてご指摘ください。


では、もう少し詳しく話します。


まず、2880×1800ピクセルという超高精度が売りのRetinaディスプレイ。

ところが、解像度の変更は1920×1200ピクセルまでしかできません。

もちろん、2880×1800という解像度で文字を見たら、小さすぎて見えないでしょう。
それにしても、最高の解像度を選べないといのはちょっと残念です。

店員さんによると、将来は(OS等のバージョンアップにより)2880×1800が選べるようになるかもしれない、とのことでしたが…。

では、この高解像度が有効なのはいつかと言いますと、1440×900ピクセル相当時、2倍の細かさで表現されるときなのです。

ところが、これにも落とし穴があります。

まず、フォントなどはきれいに表示されますが、既存のWebサイトの画像なんかは2倍に引き伸ばされ、画質が粗くなります。

さらに、2倍の細かさに対応していないアプリケーションも同様でした。

たとえば、Office2011 for mac のエクセルなどを立ち上げても、セル番号などが粗く表示されてしまいます。

これでは、Retinaの美しさを体感することができません。要は、時代がRetinaに追い付いていないのだと思います。

なお、1920×1200での解像度も、予想以上にきれいに表示され、使用には問題ないと思いますが、わずかにノイズが発生していると思われます(1.5倍の違いなので)。

ですので、今使っているFull HDのノートパソコンから買い替える魅力があるのか、と考えた場合、ないと判断せざるを得ませんでした。


次に、キーボードについてですが、いかんせん、押した感じが浅すぎます。

私のように、キーボードをたたくのが仕事の人間は向かないかもしれません。

本体はかなり薄く作られているので、その分、キーボードの押し込みが犠牲になっていると感じました。


ディスプレイに限れば、15インチで1920×1200のMacBook Proが発売されれば、また考えるかもしれません。

しかし、キーボードが変わらなければ、個人的には購入に結び付かないのかな、と思います。

テーマ : メーカーパソコン
ジャンル : 日記

メールが送れない

Microsoft OfficeのOutlook 2007から、特定のアカウントだけ、急にメールが送れなくなってしまいました。

メールの受信はできていますし、他のアカウントからのメール送信もできています。

メールを送ると、下記のようなメールが来て、相手に届いていないのです。

**********

このメールは、受信者全員または一部に届きませんでした。

件名: (件名が入る)
送信日時: 2012/01/31 12:25

以下の受信者にメールを配信できません:

'(メールアドレスが入る)' 2012/01/31 12:25
553 sorry, that domain isn't in my list of allowed rcpthosts (#5.7.1)

**********

他のアカウントは普通に送れるので、メールサーバー側の問題かと思ったのですが、どうも違うようです。

ローカル・サーバーとも設定を一切変えていないのに、不思議なものです。

【解決方法】
このアカウントのアカウント設定から、「アカウント設定のテスト」を行うと、テストメールが届き、その他の普通のメールも届くようになりました。

ローカルのOutlookの問題だったようです。



大ウソをついてしまいました。


実は、しばらく経ったらまたメールが送れなくなっていたのです。

しかし、「アカウント設定のテスト」を行うと、またメールが送れるようになります・・・。


私はようやく、とあることを思い出しました。

このメールアカウントだけは「POP before SMTP」なのでした。

だから、アカウント設定のテストを行ったあとだけ、メールが送れるのです。

最近はSMTP認証方式がほとんどでしたので、すっかり忘れていました。


少々情けない話ではありますが、同様のことでお悩みの方がいらっしゃった場合の
手助けになればと思い、訂正して「晒しあげ」しておきます^^


エラーメッセージももうちょっと気のきいた事を言ってくれればいいのに・・・w

テーマ : Office オフィス
ジャンル : コンピュータ

Antec ISK-100 【ケース】

PCケース Antec ISK-100 を実際に使用してみてのレビュー(口コミ)です。

**********

更新情報
2011/12/28 新規作成

**********

メーカーサイト:http://www.antec.com/Believe_it/product.php?id=MjUwNA==
coneco.net:http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1101005092
価格.com:http://kakaku.com/item/K0000155615/

**********

購入情報
年月日:2011年9月
販売店:ドスパラ通販
価格:9,500円(税込)

**********

主な製品仕様

ファクタ:mini-ITX
電源:90W 外部アダプタ
電源コネクタ:ATX24ピン、CPU補助4ピン、ペリフェラル4ピン×1、SATA×2
搭載可能ストレージ:2.5インチ×2
光学ドライブ:内臓不可

**********

このPCケースの特徴は非常に小さいということです。

PCの置き場というのは、場合によっては重要です。

私はこのケースをサーバー用PCのケースとして使用していますが、机の下のわずかなスペースに置くことができ、重宝しています。

電力供給は90Wしかありませんので、PCの構成は選びますが、intelのAtomやAMDのAPUなどを使用するときにはちょうどいいと思います。

電源はACアダプタなので、無音です。

ケースの割に大きなケースファンが付いていますし、ケースがメッシュになっているところも多く、冷却機能は優秀です。ファンの回転数をアナログスイッチで変更できます。

ストレージは2.5インチのものを2つ装着することができます。ケースとマザーボードの間に装着します(まずストレージをケースに固定し、その上からマザーボードをかぶせるイメージ)。

光学ドライブを内蔵することはできません。OSインストールなどは、外付け光学ドライブを使用する事になります。

以下、写真です。

isk-100_1.jpg

isk-100_3.jpg

isk-100_2.jpg

isk-100_4.jpg

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

MSI E350IA-E45 【マザボ】

マザーボード MSI E350IA-E45 を実際に使用してみてのレビュー(口コミ)です。

**********

更新情報
2011/12/28 新規作成

**********

メーカーサイト:http://www.msi-computer.co.jp/MB/E350IA-E45/#img/E350IA-E45_Box.jpg
coneco.net:http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1110226014
価格.com:http://kakaku.com/item/K0000241589/

**********

購入情報
年月日:2011年9月
販売店:ドスパラ通販
価格:9,800円(税込)

**********

主な製品仕様

ファクタ:mini-ITX

**********

このマザーボードの特徴はコストパフォーマンスの良さです。

CPUはAMD E-350で、18WのTDPながら、デュアルコアで想像よりも高速で動作します。

また、メモリもDDR3-1333対応で最大8GBまで積むことができます。

グラフィックはCPU内臓ですが、AMD Radeon HD 6310で、動画再生などでは、HD画質は問題なし、Full HD画質も動画も、一部再生が困難(カクつく)なものもありましたが、多くはなんとか再生できました。

以下、写真です。

350IA-E45_1.jpg

350IA-E45_4.jpg

350IA-E45_3.jpg

350IA-E45_2.jpg

Minecraft(マインクラフト)サーバー構築 代行依頼 承ります

最近、Minecraft(マインクラフト)というゲームがひそかに人気を集めています。

マインクラフトがどんなゲームかは、ネット上にあふれているのでそれを確認してみてください。一応、公式サイトだけはリンクを張っておきます。
http://www.minecraft.net/

私もこのゲームをプレイしていますが、このゲームの醍醐味は何と言っても友達同士で同じフィールドに建物を作ったり、地下深くの洞窟を探検したりすることです。

このことを「マルチプレイ」というのですが、マルチプレイで遊ぶためには、サーバーと呼ばれるコンピューターを用意する必要があります。

マインクラフトのマルチプレイ用のサーバーは有志の方々が無料で公開してくれているものも多数あります。
http://forum.minecraftuser.jp/viewforum.php?f=26&sid=5b1b75d957aaa17081db593c1eb74304

ですが、不特定多数の方が参加するサーバーでは、もしかしたらせっかく作った建物を壊されてしまうかもしれません。

また、時間をかけて作った建物も、サーバー管理者の都合でサーバーが閉鎖されてしまったら、マップ情報を貰わない限り、2度と遊ぶことができなくなってしまいます。

本格的に、かつ、永続的にマインクラフトのマルチプレイを楽しもうとするのであれば、誰にも邪魔されない自分達のサーバーを建てるのが理想なのです。

私はパソコンを自作することができますし、サーバーについても一定の知識があったため、現在、マインクラフトのサーバーを1台管理しています。そこに多いときで6~7人のメンバーが同時にマルチプレイを楽しんでいます。

マインクラフトは、javaというプログラミング言語で作られているため、OSに関してはWindowsでもMacでも構築が可能なのですが、やっぱりLinuxでの構築が一番安定しています。

もちろん、私のサーバーはLinux(ubuntu)で構築しています。

また、私のサーバーは省電力にもこだわっています。

通常、Core2 duo のパソコンなどでサーバーを構築した場合、アイドル時60W、ピーク時には90Wくらいの電力消費になりますが、私のサーバーはアイドル時15W、ピーク時で25Wくらいです。サーバーは24時間つけっぱなしにすることが普通ですので、特に使用電力が重要です。

電力料金を1kW/H(キロワット時)20円で計算した場合、アイドル時の消費電力で計算しても、一般的なパソコンでは一ヶ月で

0.06kW×20円×24時間×30日=864円

になってしまいますが、私のサーバーの場合は1/4でいいので、216円で済む計算になります。


もし、「マインクラフトを楽しみたいけど、サーバー構築ができない」という方のために、私の経験を生かして、マインクラフトサーバーの構築代行を引き受けます!

お気軽にお問い合わせください。

**********

基本料金
PCパーツ代 (かかった分(パーツ代+送料)を請求)
PC組み立て・OS(Linux)インストール代行料金 26,250円
マインクラフトサーバー版インストール代行 5,250円 キャンペーン中は無料0円!(2012/1/31まで)

オプション料金
ルーター設定(ポート開放)サポート(遠隔操作ができるサーバー以外のパソコンがある場合) 5,250円 キャンペーン中は3,150円!(2012/1/31まで)

※自作パソコンに関して、詳しい内容はこちら

※サーバー構築をする場合、光回線等の高速・常時接続回線が必要で、かつ、IPアドレスは固定であることが望ましいです。ブロードバンド時代の現代では、IPアドレスはあまり変更されませんが、もし変更になった場合には、マルチプレイヤーの方々に都度、連絡する必要があります。

※サーバーに使用するPCをご自分で用意される、という方も歓迎します。その場合の料金も上記と同様になります。PCをこちらに配送していただくか、直接持参してください。


**********


なお、管理人が運用しているサーバーについて、以下に紹介します。

○パーツ構成

【マザーボード】
E350IA-E45(MSI製) CPUオンボード(AMD E-350)

【メモリ】
ADATA PC3-PC3-10600 8GB(4GB×2枚)

【ハードディスク】
HGST 500GB 7,200rpm

【ケース】
Antec ISK-100


○パーツ価格(※2011年12月28日時点での参考)

マザーボード 9,800円
メモリ 2,490円
ハードディスク 7,445円
ケース 8,960円

合計 28,695円 (送料含まず)


○特徴

非常に小型のパソコンです。その分、供給電力も最大90Wしかありません。電源ユニットの寿命を考えると最大供給電力の50%程度までで運用することが望ましく、今回の場合は約45Wくらいの使用電力が目安となります。

そんな中でも最大で25W程度しか消費しないこのパソコン。一番の立役者はCPUのAMD E-350です。18WというTDPながら、ベンチマークではライバルのintel Atomを上回っています。

ベンチマークはこちらのサイトを参考にしました。
http://botchyworld.iinaa.net/cpu.htm

実は、Linuxをインストールする前に、Windows7をインストールして、動作を確認したのですが、違和感無く動作し、最もCPUパワーを必要とする動画再生でも、HD画質は問題なし、Full HD画質でも再生できる動画も多々ありました。

このCPUですが、発熱はBIOS情報によると高負荷時には60度近くまで上がりますが、CPUのサイズが小さいため、全体的な発熱量は多くありません。

Pentium M がかなり熱くなった経験から、CPUクーラーにファンが付いているマザーボード限定で探しましたが、ファンレスでも十分だったと思います。

そのため、このケース(Antec ISK-100)でも十分対応できます。

server.jpg

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

管理人が所有しているお得なパーツの一覧

○管理人が所有しているお得なパーツの一覧

※自作パソコン組立て代行をご依頼いただく方のみに提供します。パーツの販売はしておりません。

【2012/1/20 現在】

【CPUクーラー】
(なし)

【PCケース】
古いATXケース(2台):0円で提供

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

自作パソコン組立て代行について

○自作パソコン組立て代行について

費用:1台あたり26,250円~

※期間限定でキャンペーン価格になることがありますので、ブログをチェックしてください。

※RAIDや水冷装置、SLI、CrossFireの構成などは、追加費用が必要です。

※宅配便による自作パソコンの輸送は行っておりません。輸送によるパソコン故障のトラブルを避けるためです。管理人の作業場(千葉県市川市)まで引き取りに来ていただくか、別途費用がかかりますが、管理人が自家用車にて配送します。

※自作パソコンは引き渡しの際、お客様にもご一緒に、動作の確認をしていただきます。

※現在、上記制限を解除し、宅配便での配送も可能で行っています。ただし、トラブルが発生するようでしたら、上記制限を再度設定する可能性もあります。(2011年12月28日 記)

※保証期間は、全て新品のパーツを使用した自作パソコンの場合は3ヶ月、一つでも中古のパーツを使用した自作パソコンの場合は7日です。その期間を過ぎた場合でも、有料サポートは行います。また、パーツごとにメーカーの保証がある場合は、それに準じます。例えば、マザーボードが管理人の保証期間は経過してしまったものの、メーカー保証期間内に壊れた、という場合、交換費用は発生しますが、パーツ代(または修理費用)はメーカーが負担するはず、ということになります。

※パーツ構成等、なんでもご相談ください。連絡先は

pcyourself25☆gmail.com (☆をアットマークに変えてください)

です。

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

SDカードを認識しない

先日、携帯電話のSDカードの内容をパソコンに入れようと思い、アダプターを付けて
USBコネクタに差し込んだのですが、内容を確認することができませんでした。

おかしいな、と思っていたのですが、理由は単純でした。

アダプタがSDHC規格に対応していなかったのです。古いものでしたので。

早速、BUFFALOのBSCR01U2を購入。無事、内容をコピーすることができました。

ただ、一つ思ったのが、どうせならUSB3.0対応のものにすればよかった、というもの。
5GB位のコピーは思いのほか時間がかかりました(10分程度)。

PC側にはUSB3.0のコネクタがあるのですから。

でも、BSCR01U2は安くて小さい、これは魅力です。

広告

カテゴリ別リンク
自己紹介
002SHネタ
日記
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク

月別アーカイブ
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。