スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古パーツで低価格を目指す パソコン組立てレポ No.1(その1)

自作パソコン組立レポート No.1(その1)です。

**********

更新情報
2010/7/21 新規作成
2010/7/22 CPU、グラフィックボード購入の内容を追加
2010/10/16 メモリの記述を修正

**********

今回、自分用に自作パソコンを作る事にしました(^-^)b

本当は、i7 900番台のハイスペックパソコンを組みたかったのですが、予算の関係で・・・w。

なので、今回は「いかに安く作るか」という事を重視してみようと思います

**********

今回のパソコンに要求されるスペックは、

「サドンアタックを(結構)快適に
プレイできるスペック」


です。

まず、「サドンアタック」とはFPSと呼ばれるジャンルのオンラインゲームです。
公式サイトはこちら

銃撃戦のゲームなので、0カンマ何秒の差が勝敗を左右します。
パソコンのスペックが高いほうが、有利なのは言うまでもありません。

サドンアタックの必須・推奨環境を抜粋しますと、

必須
CPU:IntelR Pentium3、AMDR Athlon 以上
メモリ:256MByte 以上
ビデオカード:32MByte 以上
HDD容量:3GByte以上の空き領域

推奨
CPU:IntelR Core2 Duo、AMD Athlon 64 X2 以上
メモリ:2GByte 以上
ビデオカード:256MByte 以上

だそうです。詳細はサドンアタックの公式HPから確認できます。

**********

では、早速各パーツの構成を考えていきましょう。

CPU:Core2 Duo E4500 6,480円(中古)
→2.20GHz,800MHz,2MB,LGA775,65W

→ソフマップのリユース総合館で購入。当初、オークションなどをウォッチして
 いたのですが、CPU単体の出品ですと、掘り出し物というものが無く、
 最終的な落札金額が、ほぼ市場価格のような感じになってました。
 店舗での購入であれば、1ヶ月の保証がつきますし、純正ファン付きで
 この値段であれば、結構いい買い物だったのかもしれません。

→理想は、別途CPUクーラーを購入することでしょうが、今回は少しでも
 安く上げるために、あえて、純正CPUクーラー付きのものを選択しました。

マザーボードASRock G31M-GS R2.0 3,980円(新品)
→価格が魅力のASRockw

メモリelixir PC2-6400 1GB×2(計2GB) 4,000円(中古)
→聞いたことの無いメーカーですw

ハードディスク:HGST(日立系)SATA3.0GB/s 250GB 7200RPM 2,680円(中古)
→中古品のハードディスクは、メモリよりも危険かもしれません。
 ハードディスクがいつ壊れてもいいように、大事なファイルは保存しない事が
 原則ですね。

→少しでもパーツ代を安くしようと、容量は少なめです。ソフマップの
 リユース総合館で購入(1ヶ月保証)

ケースAOPEN G325(黒) 価格別記(中古)
→Yahoo! オークションでPCケース+電源+DVDマルチを出品されている方から
 落札しました。

→やや変わった形のケースです。ただ、ハイエンドなグラフィックカードは
 使う事ができないかもしれませんね(^-^;)

ATX電源HEC Win+550W 価格別記(中古)
→こちらもYahoo! オークション落札。

→80PLUS BRONZE取得の高性能の電源です。

→各電源ケーブルは脱着式ではないようですが、そこは目をつぶりましょう。

グラフィックボードASUS EN8800GTS 3,280円(中古)
→NVIDIA GeForce8800GTS,PCIExp 16X,DVIx2,DDR3/640MB

→こちらもソフマップのリユース総合館で購入。付属品が一切無く、
 本体だけでしたが、オークションの落札金額と比較しても、
 かなりお得な値段のように思います。もちろん、1ヶ月の保証がつく、
 というのも大きいですね。

→しかし、さすがは2008年初頭のハイスペックグラフィックボードですね。
 約23cmの堂々とした作りです。発売当初は6万円近い値段をつけたことも
 あるようです。

光学ドライブ:ソニーNEC AD-7200S-0B BULK 価格別記(新品)
→いまや定番となったDVDスーパーマルチです。

→Windows Vista Home Premium(DSP版)と一緒に購入しました。

OS:Windows Vista Home Premium 32bit DSP版 価格別記 新品・正規版
→以前、ドスパラがキャンペーンをやっている時に、購入しました。
 ようやく出番が来ましたねw

**********

費用をまとめてみました。

CPU6,480円(中古)

マザーボード3,980円(新品)

メモリ4,000円(中古)

ハードディスク2,680円(中古)

ケースATX電源約5,000円(中古)

グラフィックボード3,280円(中古)

光学ドライブOS約12,000円(新品)

※モニタは既に所有しているものを利用します。
※消耗品(グリス等)、諸費用(交通費・送料・オークション費用)などは
 考慮していません。

合計金額は、37,420円。モニタ、キーボード、マウスが無いにしても、
値段的にはかなり抑えられた印象です。

ただ、動かなければただの燃えないゴミです。10/7/23にオークションで
落札した商品が届くはずですので、実際の組み立てのレポートも行います。
スポンサーサイト

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

自己紹介

「PC自作代行業者M」というハンドルネームでブログを書いています、管理人です。
ブログの中では「管理人」という名前を使っていきますので、よろしくお願いします!

私が初めてパソコンを自作したのは、1999年です。

そのころは、Celeronが出始めた頃で、Slot1ソケットのCeleron366というCPUを使いました。

また、その頃は液晶ディスプレイが出始めたころで、ナナオの15インチ液晶ディスプレイを
15万円近く出して購入しました。

実は、いまだにこのパソコンと液晶ディスプレイは使用できます。

もちろん、パソコンのスペックは足りず、液晶の解像度(XGA)は低いので、実用性はありませんが、
それでも、動作するというところが、自作パソコンは壊れにくい、という私の思いを代弁して
くれています。

その後、1999年~2002年の間に家族や友人の自作パソコンを作ってあげたりしていましたが、
しばらく自作パソコンから遠ざかっていました。

しかし、2008年にパソコン自作を再開します。

そのきっかけは友人のパソコンでした。ショップブランドのBTOパソコンを買ったものの、
2年もたたないうちに動作が不安定になってしまったのです。

2002年から2008年の間、PCパーツ業界も大幅に進歩していたため、当初は戸惑いましたが、
なんとか知識の不足を埋め、無事、友人のパソコンを納品することができました。

もちろん、そのパソコンは現在も問題なく動作し、友人の仕事をしっかりサポートしています。

(続きはのちほど記載します)

自作パソコン組立てレポート 一覧

○自作パソコン組立てレポート 一覧

ここで紹介しきれないくらい、多数の自作パソコンを作成しています。
また、紹介自体がなかなかできず、申し訳ありません。

No.1
オンラインゲーム用。中古パーツを中心に使用した、低価格パソコン。
その1

No.2(近日公開予定)
ビジネスユース用。PCケースを小さめにし、ノートPC用の部品を使用して低電力化。

No.3(近日公開予定)
ビジネスユース用。新しいCPU"Core i3"を使用。「定番」となりそうなパソコン。

No.4(近日公開予定)
オンラインゲーム用。中古パーツを中心に使用した、低価格パソコン。

No.5(近日公開予定)
ビジネスユース用。Core i7 860を使用したハイスペックパソコン。

No.6(近日公開予定)
ビジネスユース用。新品パーツのミドルスペックパソコン。

No.7
とにかくIntel Core i7 900番台で組みたかった、管理人の自己満足パソコン。
Core i7 920/1GB×3枚/GF9600GT の構成で、総費用4万1000円!?
さらに、PC電飾化敢行!
その1) (その2

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

広告

カテゴリ別リンク
自己紹介
002SHネタ
日記
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク

月別アーカイブ
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。