スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Core i5 2390T 性能比較

[PR]自作パソコンの組み立て代行を行っています!
詳しい内容は当ブログのトップページへ。

**********

Core i5 2390T の性能比較をやってみました。

ただ、時間が無かったので、超適当なんですが、許して下さいm(_ _)m

また、実行環境に関しましては、後日記載します。CPU以外は全く同じです。

比較したCPUは、Core i3 2100T です。TDP35Wで唯一、リテール発売されているCPUですねこの記事を書いた当初からPentium G630Tはありましたし、現在ではi3 2120Tがあります(修正2011年12月28日)。


○比較1 スーパーπ 104万桁

i3 2100T → 15秒
i5 2390T → 11秒

4秒短縮、というのは優秀だと思います。おそらく、Turbo Boostのおかげでしょう。



○比較2 ニコニコ動画のベンチマーク動画

US4958さんのベンチマーク動画を使わせていただきました。

・測定環境
ブラウザはChrome 12.0.742.122 m
UXGAの全画面表示
コメントは無し
ダウンロード完了後、測定
通常(エコノミーではない)画質

・測定内容
CPU使用率(Win XP のタスクマネージャで目測)

・測定結果

Lv6(http://www.nicovideo.jp/watch/sm12071152)
i3 2100T → Min 17%、Max 43%、Ave 23%
i5 2390T → Min 14%、Max 23%、Ave 18%

Lv7(http://www.nicovideo.jp/watch/sm12075273)
i3 2100T → Min 34%、Max 49%、Ave 40%
i5 2390T → Min 26%、Max 38%、Ave 32%

Lv8(http://www.nicovideo.jp/watch/sm12194939)
i3 2100T → Min 45%、Max 64%、Ave 56%
i5 2390T → Min 43%、Max 60%、Ave 50%

・Lv6とLv7は2100Tも2390Tも問題なく再生できるのですが、Lv8になると、2100Tは絶えずわずかなカクつきがあるのに対し、2390Tはカクつきの回数が大幅に減り、なんとか見れる感じになります。

ただ、Lv8は両CPUとも「ぬるぬる」とは言えません。それでも、2390Tのほうが随分ましです。




価格ですが、2011/7/20時点で、i3 2100T 新品BOX(3年保証)が10,580円、
http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1110221181

一方のi5 2390Tが バルク(3ヶ月保証)が17,980円
http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1110627375
↑2011/7/20時点では価格情報なし

ですから、コストパフォーマンス的には2100Tのほうが優秀です。というか、2100Tをそんな値段で売っていいのか?という気すらします。

ただ、個人的には2390Tのほうが面白いと思います。値段もそこまで高くないし、なにより、リテール発売されないCPUというところがマニア向けですね。

(追記)
Pentium G630T 価格
http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1110903724

Core i3 2120T 価格
http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1110829196


ちなみに、実際の電力も調べてみましたが、私の構成でアイドル50W、ピーク85W位です。

構成に関しては、後日詳しくお伝えしようと思いますが、

CPU i5 2390T
メモリ 4GB(2GB×2)
M/B mini-ITX
SSD×1、HD×1
グラボ Radeon HD 6450

です。

そこそこのネットゲームであれば、全く問題なく動きます。
その上で、この電力なのは、優秀な部類だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

Core i5 2390T 購入!

[PR]自作パソコンの組み立て代行を行っています!
詳しい内容は当ブログのトップページへ。

**********

前回の日記でお伝えしましたが、予約していたCore i5 2390Tが入荷されたとの連絡があり、とりおいていただき、早速購入してきました。

2390T.jpg


2011年7月13日の19時点で、秋葉原FreeTにはあと2つ在庫があるようです。

欲しい方はFreeTに在庫を確認してみてください。

なお、価格は17,980円です。

ただ、CPUクーラーかマザーボードとセットで購入する必要があるため、そこは注意してください。

Core i3 2100Tと性能の比較をしてみましたが、一定の差があることがわかりました。

その差は値段ほどの差は無い一方で、満足できない差でもありません。

TDP35WのCPUで最強なものが欲しい、という方にはお勧めできるCPUです。

ちょっとした性能比較を行いましたので、近日中に記事にしたいと思います。

FreeTのツイッター(該当記事)
http://twitpic.com/5pcb6d

Core i5 2390T 予約!

今年の2月から、Core i5 2390T を探し求めていたのですが、以下のツイッターのつぶやきを発見しました。

http://twitter.com/#!/PCDIYFreeT/statuses/85916419425959936

FreeTというショップは、先日閉店してしまったT-ZONEの関係者が立ち上げたお店だと聞いています。

オンラインショップが無いようなので、電話して在庫を確認しましたが、残念ながら品切れとのこと。

しかし、予約は可能、とのことなので早速予約をさせていただきました!

このCPUは、組み込み系向けの特殊なCPUで、バルクでもCPU単体での販売は認められていないとのこと。

他のショップではマザーボードとのセット販売のようですが、FreeTはCPUクーラーとのセットでも可、というのは嬉しいですね。

もし、今使っているCPUクーラー(thermaltake Slim X3)があれば、それにしようと思います。



thermaltakeのHP

いつ入荷されるかわかりませんが、1度に入荷される個数は片手で数えられるほどらしく、時間がかかるかもしれません。

しかし、長いこと楽しみにしていたCPUなので、期待しています。

購入したら、i3 2100Tとの比較レポを行いたいと思います

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

Core i5 2390T がついに発売!

長らく更新が滞り、申し訳ありません。

現在、私がメインで使用している自作パソコンのCPUはSandy BridgeのCore i3 2100Tです。

TDPが35Wという低電力ながら、処理能力はかなりの物です。

しかし、クロック数が2.5GHzと若干物足りないのは事実です。

詳しいスペックはこちら↓
http://ark.intel.com/Product.aspx?id=53423

一方、Sandy Bridgeの製品一覧が発表された時、私が一番気になったのは、Core i5 2390Tでした。

2100Tと同様のTDPながら、より高クロックでTurbo Boost2.0対応。Turbo Boost時の最大クロック数はなんと3.5GHz。

詳しいスペックはこちら↓
http://ark.intel.com/Product.aspx?id=53448

この特殊なi5(Sandy Bridgeのi5は4コアでHyper Threadingなし、というパターンが多い)にとても興味があったのですが、なかなか発売されませんでした。

2100Tは2月の後半に発売されていたにもかかわらず、です。

ところがようやく、2390Tが発売された事がわかりました。
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110625/ni_ci52390t.html

今回はバルク品だったようで、すでに売り切れたのか、購入することができませんが、近いうちにBOX版も流通されると期待しています。

現在使っている2100Tと、この2390T、そして、i5 2500Tの性能を比較してみたい、というのが私の望みです。
広告

カテゴリ別リンク
自己紹介
002SHネタ
日記
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク

月別アーカイブ
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。