スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省電力PCの最高峰?

これまで、i5 2390Tで作成したPCが省電力の最高峰、などと思っていたのですが、下記ツイッターと記事を見て、その上を行く構成でPC自作が可能な事がわかりました。

FreeT ツイッター
http://twitpic.com/6jawk8

ASCII記事
http://ascii.jp/elem/000/000/617/617112/

つまりは、高性能ノートPC向けCPU Core i7-2720QM を使用したデスクトップを作ることが可能ということなのです。

2720QM の性能は、いつもお世話になっているCPU性能サイト

Hardware-Navi CPU 性能比較表
http://hardware-navi.com/cpu.php

によりますと、スコアは9876。2390Tが6275ですから、約1.5倍の性能差です。

TDPは45W。「モバイル」ノートとしては厳しい数値ですが(ACアダプタでの使用ならOK)、デスクトップとしては低い部類です。

マザーボードはやっぱりSupermicro。私もモバイルCore 2 duo をデスクトップで使用していた時に、お世話になりましたw
http://www.supermicro.com/products/motherboard/Xeon/QM67/X9SCV-Q.cfm

せっかくのMini-ITX規格なのですから、小さめなケースにするとしても、CPUの性能を活かしてゲームをするとなれば、ちょっとしたグラボを積むことになり、トータルでは200Wくらいの電源が付いたケースがよさそうですね。

肝心の価格ですが、CPU+マザボ+CPUクーラーの合計が、写真で見る限り61,760円。

それに、ケースが1万円、HDとメモリで1万円、グラボで5,000円とすると、総額9万円弱という計算になります。

安くは無いですが、面白い構成になりそうです。

ただ、ディスプレイはHDMI or D-Subのようですから、ディスプレイには注意が必要です。

一方、Core i5-2520M も紹介されていますが、こちらはスペック的に2390Tと同じようなものですので、そちらで組んだほうが安上がりでしょう。


さらに上を狙うのであれば、i7-2820QM という選択肢もあります。ただし、CPUだけで最安5万円弱(2011/9/12 時点)と高額です。

また、比較サイトには発売情報はありませんが、同一ソケットとして、

Core i7-2960XM(TDP 55W)
Core i7-2860QM(TDP 45W)
Core i7-2920XM(TDP 55W)
Core i7-2760QM(TDP 45W)

など、より高性能なCPUがあるようです。



価格比較(coneco.net)

○i7-2720QM
http://www.coneco.net/PriceList/1110112623/order/MONEY/

○X9SCV-Q(マザーボード)
http://www.coneco.net/PriceList/1110617507/order/MONEY/

○i7-2820QM
http://www.coneco.net/PriceList/1110112622/order/MONEY/


スポンサーサイト
広告

カテゴリ別リンク
自己紹介
002SHネタ
日記
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク

月別アーカイブ
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。