スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Antec ISK-100 【ケース】

PCケース Antec ISK-100 を実際に使用してみてのレビュー(口コミ)です。

**********

更新情報
2011/12/28 新規作成

**********

メーカーサイト:http://www.antec.com/Believe_it/product.php?id=MjUwNA==
coneco.net:http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1101005092
価格.com:http://kakaku.com/item/K0000155615/

**********

購入情報
年月日:2011年9月
販売店:ドスパラ通販
価格:9,500円(税込)

**********

主な製品仕様

ファクタ:mini-ITX
電源:90W 外部アダプタ
電源コネクタ:ATX24ピン、CPU補助4ピン、ペリフェラル4ピン×1、SATA×2
搭載可能ストレージ:2.5インチ×2
光学ドライブ:内臓不可

**********

このPCケースの特徴は非常に小さいということです。

PCの置き場というのは、場合によっては重要です。

私はこのケースをサーバー用PCのケースとして使用していますが、机の下のわずかなスペースに置くことができ、重宝しています。

電力供給は90Wしかありませんので、PCの構成は選びますが、intelのAtomやAMDのAPUなどを使用するときにはちょうどいいと思います。

電源はACアダプタなので、無音です。

ケースの割に大きなケースファンが付いていますし、ケースがメッシュになっているところも多く、冷却機能は優秀です。ファンの回転数をアナログスイッチで変更できます。

ストレージは2.5インチのものを2つ装着することができます。ケースとマザーボードの間に装着します(まずストレージをケースに固定し、その上からマザーボードをかぶせるイメージ)。

光学ドライブを内蔵することはできません。OSインストールなどは、外付け光学ドライブを使用する事になります。

以下、写真です。

isk-100_1.jpg

isk-100_3.jpg

isk-100_2.jpg

isk-100_4.jpg
スポンサーサイト

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

MSI E350IA-E45 【マザボ】

マザーボード MSI E350IA-E45 を実際に使用してみてのレビュー(口コミ)です。

**********

更新情報
2011/12/28 新規作成

**********

メーカーサイト:http://www.msi-computer.co.jp/MB/E350IA-E45/#img/E350IA-E45_Box.jpg
coneco.net:http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1110226014
価格.com:http://kakaku.com/item/K0000241589/

**********

購入情報
年月日:2011年9月
販売店:ドスパラ通販
価格:9,800円(税込)

**********

主な製品仕様

ファクタ:mini-ITX

**********

このマザーボードの特徴はコストパフォーマンスの良さです。

CPUはAMD E-350で、18WのTDPながら、デュアルコアで想像よりも高速で動作します。

また、メモリもDDR3-1333対応で最大8GBまで積むことができます。

グラフィックはCPU内臓ですが、AMD Radeon HD 6310で、動画再生などでは、HD画質は問題なし、Full HD画質も動画も、一部再生が困難(カクつく)なものもありましたが、多くはなんとか再生できました。

以下、写真です。

350IA-E45_1.jpg

350IA-E45_4.jpg

350IA-E45_3.jpg

350IA-E45_2.jpg

Minecraft(マインクラフト)サーバー構築 代行依頼 承ります

最近、Minecraft(マインクラフト)というゲームがひそかに人気を集めています。

マインクラフトがどんなゲームかは、ネット上にあふれているのでそれを確認してみてください。一応、公式サイトだけはリンクを張っておきます。
http://www.minecraft.net/

私もこのゲームをプレイしていますが、このゲームの醍醐味は何と言っても友達同士で同じフィールドに建物を作ったり、地下深くの洞窟を探検したりすることです。

このことを「マルチプレイ」というのですが、マルチプレイで遊ぶためには、サーバーと呼ばれるコンピューターを用意する必要があります。

マインクラフトのマルチプレイ用のサーバーは有志の方々が無料で公開してくれているものも多数あります。
http://forum.minecraftuser.jp/viewforum.php?f=26&sid=5b1b75d957aaa17081db593c1eb74304

ですが、不特定多数の方が参加するサーバーでは、もしかしたらせっかく作った建物を壊されてしまうかもしれません。

また、時間をかけて作った建物も、サーバー管理者の都合でサーバーが閉鎖されてしまったら、マップ情報を貰わない限り、2度と遊ぶことができなくなってしまいます。

本格的に、かつ、永続的にマインクラフトのマルチプレイを楽しもうとするのであれば、誰にも邪魔されない自分達のサーバーを建てるのが理想なのです。

私はパソコンを自作することができますし、サーバーについても一定の知識があったため、現在、マインクラフトのサーバーを1台管理しています。そこに多いときで6~7人のメンバーが同時にマルチプレイを楽しんでいます。

マインクラフトは、javaというプログラミング言語で作られているため、OSに関してはWindowsでもMacでも構築が可能なのですが、やっぱりLinuxでの構築が一番安定しています。

もちろん、私のサーバーはLinux(ubuntu)で構築しています。

また、私のサーバーは省電力にもこだわっています。

通常、Core2 duo のパソコンなどでサーバーを構築した場合、アイドル時60W、ピーク時には90Wくらいの電力消費になりますが、私のサーバーはアイドル時15W、ピーク時で25Wくらいです。サーバーは24時間つけっぱなしにすることが普通ですので、特に使用電力が重要です。

電力料金を1kW/H(キロワット時)20円で計算した場合、アイドル時の消費電力で計算しても、一般的なパソコンでは一ヶ月で

0.06kW×20円×24時間×30日=864円

になってしまいますが、私のサーバーの場合は1/4でいいので、216円で済む計算になります。


もし、「マインクラフトを楽しみたいけど、サーバー構築ができない」という方のために、私の経験を生かして、マインクラフトサーバーの構築代行を引き受けます!

お気軽にお問い合わせください。

**********

基本料金
PCパーツ代 (かかった分(パーツ代+送料)を請求)
PC組み立て・OS(Linux)インストール代行料金 26,250円
マインクラフトサーバー版インストール代行 5,250円 キャンペーン中は無料0円!(2012/1/31まで)

オプション料金
ルーター設定(ポート開放)サポート(遠隔操作ができるサーバー以外のパソコンがある場合) 5,250円 キャンペーン中は3,150円!(2012/1/31まで)

※自作パソコンに関して、詳しい内容はこちら

※サーバー構築をする場合、光回線等の高速・常時接続回線が必要で、かつ、IPアドレスは固定であることが望ましいです。ブロードバンド時代の現代では、IPアドレスはあまり変更されませんが、もし変更になった場合には、マルチプレイヤーの方々に都度、連絡する必要があります。

※サーバーに使用するPCをご自分で用意される、という方も歓迎します。その場合の料金も上記と同様になります。PCをこちらに配送していただくか、直接持参してください。


**********


なお、管理人が運用しているサーバーについて、以下に紹介します。

○パーツ構成

【マザーボード】
E350IA-E45(MSI製) CPUオンボード(AMD E-350)

【メモリ】
ADATA PC3-PC3-10600 8GB(4GB×2枚)

【ハードディスク】
HGST 500GB 7,200rpm

【ケース】
Antec ISK-100


○パーツ価格(※2011年12月28日時点での参考)

マザーボード 9,800円
メモリ 2,490円
ハードディスク 7,445円
ケース 8,960円

合計 28,695円 (送料含まず)


○特徴

非常に小型のパソコンです。その分、供給電力も最大90Wしかありません。電源ユニットの寿命を考えると最大供給電力の50%程度までで運用することが望ましく、今回の場合は約45Wくらいの使用電力が目安となります。

そんな中でも最大で25W程度しか消費しないこのパソコン。一番の立役者はCPUのAMD E-350です。18WというTDPながら、ベンチマークではライバルのintel Atomを上回っています。

ベンチマークはこちらのサイトを参考にしました。
http://botchyworld.iinaa.net/cpu.htm

実は、Linuxをインストールする前に、Windows7をインストールして、動作を確認したのですが、違和感無く動作し、最もCPUパワーを必要とする動画再生でも、HD画質は問題なし、Full HD画質でも再生できる動画も多々ありました。

このCPUですが、発熱はBIOS情報によると高負荷時には60度近くまで上がりますが、CPUのサイズが小さいため、全体的な発熱量は多くありません。

Pentium M がかなり熱くなった経験から、CPUクーラーにファンが付いているマザーボード限定で探しましたが、ファンレスでも十分だったと思います。

そのため、このケース(Antec ISK-100)でも十分対応できます。

server.jpg

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

管理人が所有しているお得なパーツの一覧

○管理人が所有しているお得なパーツの一覧

※自作パソコン組立て代行をご依頼いただく方のみに提供します。パーツの販売はしておりません。

【2012/1/20 現在】

【CPUクーラー】
(なし)

【PCケース】
古いATXケース(2台):0円で提供

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

自作パソコン組立て代行について

○自作パソコン組立て代行について

費用:1台あたり26,250円~

※期間限定でキャンペーン価格になることがありますので、ブログをチェックしてください。

※RAIDや水冷装置、SLI、CrossFireの構成などは、追加費用が必要です。

※宅配便による自作パソコンの輸送は行っておりません。輸送によるパソコン故障のトラブルを避けるためです。管理人の作業場(千葉県市川市)まで引き取りに来ていただくか、別途費用がかかりますが、管理人が自家用車にて配送します。

※自作パソコンは引き渡しの際、お客様にもご一緒に、動作の確認をしていただきます。

※現在、上記制限を解除し、宅配便での配送も可能で行っています。ただし、トラブルが発生するようでしたら、上記制限を再度設定する可能性もあります。(2011年12月28日 記)

※保証期間は、全て新品のパーツを使用した自作パソコンの場合は3ヶ月、一つでも中古のパーツを使用した自作パソコンの場合は7日です。その期間を過ぎた場合でも、有料サポートは行います。また、パーツごとにメーカーの保証がある場合は、それに準じます。例えば、マザーボードが管理人の保証期間は経過してしまったものの、メーカー保証期間内に壊れた、という場合、交換費用は発生しますが、パーツ代(または修理費用)はメーカーが負担するはず、ということになります。

※パーツ構成等、なんでもご相談ください。連絡先は

pcyourself25☆gmail.com (☆をアットマークに変えてください)

です。

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

広告

カテゴリ別リンク
自己紹介
002SHネタ
日記
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク

月別アーカイブ
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。