スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Minecraft(マインクラフト)サーバー構築 代行依頼 承ります

最近、Minecraft(マインクラフト)というゲームがひそかに人気を集めています。

マインクラフトがどんなゲームかは、ネット上にあふれているのでそれを確認してみてください。一応、公式サイトだけはリンクを張っておきます。
http://www.minecraft.net/

私もこのゲームをプレイしていますが、このゲームの醍醐味は何と言っても友達同士で同じフィールドに建物を作ったり、地下深くの洞窟を探検したりすることです。

このことを「マルチプレイ」というのですが、マルチプレイで遊ぶためには、サーバーと呼ばれるコンピューターを用意する必要があります。

マインクラフトのマルチプレイ用のサーバーは有志の方々が無料で公開してくれているものも多数あります。
http://forum.minecraftuser.jp/viewforum.php?f=26&sid=5b1b75d957aaa17081db593c1eb74304

ですが、不特定多数の方が参加するサーバーでは、もしかしたらせっかく作った建物を壊されてしまうかもしれません。

また、時間をかけて作った建物も、サーバー管理者の都合でサーバーが閉鎖されてしまったら、マップ情報を貰わない限り、2度と遊ぶことができなくなってしまいます。

本格的に、かつ、永続的にマインクラフトのマルチプレイを楽しもうとするのであれば、誰にも邪魔されない自分達のサーバーを建てるのが理想なのです。

私はパソコンを自作することができますし、サーバーについても一定の知識があったため、現在、マインクラフトのサーバーを1台管理しています。そこに多いときで6~7人のメンバーが同時にマルチプレイを楽しんでいます。

マインクラフトは、javaというプログラミング言語で作られているため、OSに関してはWindowsでもMacでも構築が可能なのですが、やっぱりLinuxでの構築が一番安定しています。

もちろん、私のサーバーはLinux(ubuntu)で構築しています。

また、私のサーバーは省電力にもこだわっています。

通常、Core2 duo のパソコンなどでサーバーを構築した場合、アイドル時60W、ピーク時には90Wくらいの電力消費になりますが、私のサーバーはアイドル時15W、ピーク時で25Wくらいです。サーバーは24時間つけっぱなしにすることが普通ですので、特に使用電力が重要です。

電力料金を1kW/H(キロワット時)20円で計算した場合、アイドル時の消費電力で計算しても、一般的なパソコンでは一ヶ月で

0.06kW×20円×24時間×30日=864円

になってしまいますが、私のサーバーの場合は1/4でいいので、216円で済む計算になります。


もし、「マインクラフトを楽しみたいけど、サーバー構築ができない」という方のために、私の経験を生かして、マインクラフトサーバーの構築代行を引き受けます!

お気軽にお問い合わせください。

**********

基本料金
PCパーツ代 (かかった分(パーツ代+送料)を請求)
PC組み立て・OS(Linux)インストール代行料金 26,250円
マインクラフトサーバー版インストール代行 5,250円 キャンペーン中は無料0円!(2012/1/31まで)

オプション料金
ルーター設定(ポート開放)サポート(遠隔操作ができるサーバー以外のパソコンがある場合) 5,250円 キャンペーン中は3,150円!(2012/1/31まで)

※自作パソコンに関して、詳しい内容はこちら

※サーバー構築をする場合、光回線等の高速・常時接続回線が必要で、かつ、IPアドレスは固定であることが望ましいです。ブロードバンド時代の現代では、IPアドレスはあまり変更されませんが、もし変更になった場合には、マルチプレイヤーの方々に都度、連絡する必要があります。

※サーバーに使用するPCをご自分で用意される、という方も歓迎します。その場合の料金も上記と同様になります。PCをこちらに配送していただくか、直接持参してください。


**********


なお、管理人が運用しているサーバーについて、以下に紹介します。

○パーツ構成

【マザーボード】
E350IA-E45(MSI製) CPUオンボード(AMD E-350)

【メモリ】
ADATA PC3-PC3-10600 8GB(4GB×2枚)

【ハードディスク】
HGST 500GB 7,200rpm

【ケース】
Antec ISK-100


○パーツ価格(※2011年12月28日時点での参考)

マザーボード 9,800円
メモリ 2,490円
ハードディスク 7,445円
ケース 8,960円

合計 28,695円 (送料含まず)


○特徴

非常に小型のパソコンです。その分、供給電力も最大90Wしかありません。電源ユニットの寿命を考えると最大供給電力の50%程度までで運用することが望ましく、今回の場合は約45Wくらいの使用電力が目安となります。

そんな中でも最大で25W程度しか消費しないこのパソコン。一番の立役者はCPUのAMD E-350です。18WというTDPながら、ベンチマークではライバルのintel Atomを上回っています。

ベンチマークはこちらのサイトを参考にしました。
http://botchyworld.iinaa.net/cpu.htm

実は、Linuxをインストールする前に、Windows7をインストールして、動作を確認したのですが、違和感無く動作し、最もCPUパワーを必要とする動画再生でも、HD画質は問題なし、Full HD画質でも再生できる動画も多々ありました。

このCPUですが、発熱はBIOS情報によると高負荷時には60度近くまで上がりますが、CPUのサイズが小さいため、全体的な発熱量は多くありません。

Pentium M がかなり熱くなった経験から、CPUクーラーにファンが付いているマザーボード限定で探しましたが、ファンレスでも十分だったと思います。

そのため、このケース(Antec ISK-100)でも十分対応できます。

server.jpg

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

依頼を考えるために少しお話がしたいです

Re: タイトルなし

コメントをありがとうございます。

ご質問等は、下記URL記事の中段にあります、メールアドレスにご連絡いただければ幸いです。
http://pcyourself.blog103.fc2.com/blog-entry-12.html

No title

1.特定商取引法に基づく表記すらないのはどうなのか
2.その値段払うのならVPS借りたほうがマシだが、何かVPSより優れている点はあるのか?
3.と言うかサーバを作ってくれるまでは分かったが、管理運用はどこで誰がするのか意味不明

Re: No title

コメントをありがとうございます。

> 1.特定商取引法に基づく表記すらないのはどうなのか

ヤフオクでのやり取り、程度のつもりでやっています。実際、信用が無い分、ご依頼もほとんどありません。


> 2.その値段払うのならVPS借りたほうがマシだが、何かVPSより優れている点はあるのか?

私自身、VPSにてサーバーを運用した事がありませんので、何とも言えませんが、月々のランニングコストがかからない事と、マイクラのマップ情報ファイルは進めていくと数GBを越えますので、マップ情報ファイルの操作(ローカルにバックアップ、他の人への譲渡、など)時に、直接USB機器とのやり取りができる事、などが挙げられます。


> 3.と言うかサーバを作ってくれるまでは分かったが、管理運用はどこで誰がするのか意味不明

基本、管理運用はご依頼主にしていただきます。ローカルネットワーク上にサーバーを置くことになるでしょうから、直接サーバーには接続できません。

サーバーをこちらから操作する場合、TeamViewerなどの遠隔操作のツールを使用し、WindowsなどのPCから行う事になります。

No title

マインクラフトのサーバー代行で
連絡先ってどこですか?
広告

カテゴリ別リンク
自己紹介
002SHネタ
日記
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク

月別アーカイブ
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。