スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省電力PCの最高峰?

これまで、i5 2390Tで作成したPCが省電力の最高峰、などと思っていたのですが、下記ツイッターと記事を見て、その上を行く構成でPC自作が可能な事がわかりました。

FreeT ツイッター
http://twitpic.com/6jawk8

ASCII記事
http://ascii.jp/elem/000/000/617/617112/

つまりは、高性能ノートPC向けCPU Core i7-2720QM を使用したデスクトップを作ることが可能ということなのです。

2720QM の性能は、いつもお世話になっているCPU性能サイト

Hardware-Navi CPU 性能比較表
http://hardware-navi.com/cpu.php

によりますと、スコアは9876。2390Tが6275ですから、約1.5倍の性能差です。

TDPは45W。「モバイル」ノートとしては厳しい数値ですが(ACアダプタでの使用ならOK)、デスクトップとしては低い部類です。

マザーボードはやっぱりSupermicro。私もモバイルCore 2 duo をデスクトップで使用していた時に、お世話になりましたw
http://www.supermicro.com/products/motherboard/Xeon/QM67/X9SCV-Q.cfm

せっかくのMini-ITX規格なのですから、小さめなケースにするとしても、CPUの性能を活かしてゲームをするとなれば、ちょっとしたグラボを積むことになり、トータルでは200Wくらいの電源が付いたケースがよさそうですね。

肝心の価格ですが、CPU+マザボ+CPUクーラーの合計が、写真で見る限り61,760円。

それに、ケースが1万円、HDとメモリで1万円、グラボで5,000円とすると、総額9万円弱という計算になります。

安くは無いですが、面白い構成になりそうです。

ただ、ディスプレイはHDMI or D-Subのようですから、ディスプレイには注意が必要です。

一方、Core i5-2520M も紹介されていますが、こちらはスペック的に2390Tと同じようなものですので、そちらで組んだほうが安上がりでしょう。


さらに上を狙うのであれば、i7-2820QM という選択肢もあります。ただし、CPUだけで最安5万円弱(2011/9/12 時点)と高額です。

また、比較サイトには発売情報はありませんが、同一ソケットとして、

Core i7-2960XM(TDP 55W)
Core i7-2860QM(TDP 45W)
Core i7-2920XM(TDP 55W)
Core i7-2760QM(TDP 45W)

など、より高性能なCPUがあるようです。



価格比較(coneco.net)

○i7-2720QM
http://www.coneco.net/PriceList/1110112623/order/MONEY/

○X9SCV-Q(マザーボード)
http://www.coneco.net/PriceList/1110617507/order/MONEY/

○i7-2820QM
http://www.coneco.net/PriceList/1110112622/order/MONEY/


スクエア型ディスプレイのノートPCは無いの?

今回、知人のノートPCを新調したいので選定してほしい、との依頼を受けました。

要件は

・OSはWindows7
・ネットブックのような小さいものはNG(モニタサイズが12インチ以上)
・光学ドライブ、無線LAN内臓
・ディスプレイは4:3(今流行のワイドディスプレイはNG)

で、さらに、私が設定した条件は

・新品・中古は問わないが、リカバリー(出荷状態に戻す事)ができる
・予算は7万円

というものでした。

6~7万円で新品が買える時代なので、簡単に見つかるだろうと思っていたのですが、
非常に苦労しました。

その一番の理由は、最近のノートPCは、全てと言っていいくらいワイドディスプレイだからです。

ノートPCにあまり興味がない私は、世の中がそうなっている事に全く気が付きませんでした。

なぜ、ワイドディスプレイがダメかと言いますと、プロジェクタに接続した際、
左右が圧縮された状態で投影されることがあるためです。

プロジェクタはいまだに4:3の画面がほとんどなため、このような事が起きる時があります。

PCの画面設定を変更すればよいのですが、使用する方がそこまでPCパソコンに詳しくないため、
設定変更はしなくてすむ、4:3のPCを探すことになりました。

新品では該当商品が見つからないため、中古PCから探すしかありません。
いつものように、ヤフオクで探す事にします。

信頼のおける、Let's note に絞って探していくわけですが、Windows7のドライバが
提供されているモデルを探さなければいけません。

http://askpc.panasonic.co.jp/r/windows/7/index.html
↑このページをみて、WシリーズでWin7にアップデートが可能な機種を探していきます。

しかし、なかなか見つかりません。結局、よさそうなPCは1台しかありませんでした。

CF-W7BWYAJPという型番で、スペックは

・CPU:Core 2 Duo 1.2GHz
・メモリ:2GB
・HDD:160GB
・CDD:CD-R/RW・DVD-R/RW(スーパーマルチ・DL)
・ワイヤレスLAN:有

で、価格は47,800円。スペック的にはかなり割高です。

ただ、美品であることと、HDの中にXP・Vistaのリカバリ領域を持っている、との
ことですし、なにより、数少ないWin7アップデート可能な型番なので、迷わずこの商品を
選択しました。

あとは、Windows7 Professional 32bit 再生中古PC用を14,800円で購入。

計、62,600円+送料1,250円で入手しました。

当然、Win7へのアップデートも私がやるのですが、楽しみ半分、不安半分です。

テーマ : メーカーパソコン
ジャンル : 日記

Core i5 2390T 性能比較

[PR]自作パソコンの組み立て代行を行っています!
詳しい内容は当ブログのトップページへ。

**********

Core i5 2390T の性能比較をやってみました。

ただ、時間が無かったので、超適当なんですが、許して下さいm(_ _)m

また、実行環境に関しましては、後日記載します。CPU以外は全く同じです。

比較したCPUは、Core i3 2100T です。TDP35Wで唯一、リテール発売されているCPUですねこの記事を書いた当初からPentium G630Tはありましたし、現在ではi3 2120Tがあります(修正2011年12月28日)。


○比較1 スーパーπ 104万桁

i3 2100T → 15秒
i5 2390T → 11秒

4秒短縮、というのは優秀だと思います。おそらく、Turbo Boostのおかげでしょう。



○比較2 ニコニコ動画のベンチマーク動画

US4958さんのベンチマーク動画を使わせていただきました。

・測定環境
ブラウザはChrome 12.0.742.122 m
UXGAの全画面表示
コメントは無し
ダウンロード完了後、測定
通常(エコノミーではない)画質

・測定内容
CPU使用率(Win XP のタスクマネージャで目測)

・測定結果

Lv6(http://www.nicovideo.jp/watch/sm12071152)
i3 2100T → Min 17%、Max 43%、Ave 23%
i5 2390T → Min 14%、Max 23%、Ave 18%

Lv7(http://www.nicovideo.jp/watch/sm12075273)
i3 2100T → Min 34%、Max 49%、Ave 40%
i5 2390T → Min 26%、Max 38%、Ave 32%

Lv8(http://www.nicovideo.jp/watch/sm12194939)
i3 2100T → Min 45%、Max 64%、Ave 56%
i5 2390T → Min 43%、Max 60%、Ave 50%

・Lv6とLv7は2100Tも2390Tも問題なく再生できるのですが、Lv8になると、2100Tは絶えずわずかなカクつきがあるのに対し、2390Tはカクつきの回数が大幅に減り、なんとか見れる感じになります。

ただ、Lv8は両CPUとも「ぬるぬる」とは言えません。それでも、2390Tのほうが随分ましです。




価格ですが、2011/7/20時点で、i3 2100T 新品BOX(3年保証)が10,580円、
http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1110221181

一方のi5 2390Tが バルク(3ヶ月保証)が17,980円
http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1110627375
↑2011/7/20時点では価格情報なし

ですから、コストパフォーマンス的には2100Tのほうが優秀です。というか、2100Tをそんな値段で売っていいのか?という気すらします。

ただ、個人的には2390Tのほうが面白いと思います。値段もそこまで高くないし、なにより、リテール発売されないCPUというところがマニア向けですね。

(追記)
Pentium G630T 価格
http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1110903724

Core i3 2120T 価格
http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1110829196


ちなみに、実際の電力も調べてみましたが、私の構成でアイドル50W、ピーク85W位です。

構成に関しては、後日詳しくお伝えしようと思いますが、

CPU i5 2390T
メモリ 4GB(2GB×2)
M/B mini-ITX
SSD×1、HD×1
グラボ Radeon HD 6450

です。

そこそこのネットゲームであれば、全く問題なく動きます。
その上で、この電力なのは、優秀な部類だと思います。

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

Core i5 2390T 購入!

[PR]自作パソコンの組み立て代行を行っています!
詳しい内容は当ブログのトップページへ。

**********

前回の日記でお伝えしましたが、予約していたCore i5 2390Tが入荷されたとの連絡があり、とりおいていただき、早速購入してきました。

2390T.jpg


2011年7月13日の19時点で、秋葉原FreeTにはあと2つ在庫があるようです。

欲しい方はFreeTに在庫を確認してみてください。

なお、価格は17,980円です。

ただ、CPUクーラーかマザーボードとセットで購入する必要があるため、そこは注意してください。

Core i3 2100Tと性能の比較をしてみましたが、一定の差があることがわかりました。

その差は値段ほどの差は無い一方で、満足できない差でもありません。

TDP35WのCPUで最強なものが欲しい、という方にはお勧めできるCPUです。

ちょっとした性能比較を行いましたので、近日中に記事にしたいと思います。

FreeTのツイッター(該当記事)
http://twitpic.com/5pcb6d

Core i5 2390T 予約!

今年の2月から、Core i5 2390T を探し求めていたのですが、以下のツイッターのつぶやきを発見しました。

http://twitter.com/#!/PCDIYFreeT/statuses/85916419425959936

FreeTというショップは、先日閉店してしまったT-ZONEの関係者が立ち上げたお店だと聞いています。

オンラインショップが無いようなので、電話して在庫を確認しましたが、残念ながら品切れとのこと。

しかし、予約は可能、とのことなので早速予約をさせていただきました!

このCPUは、組み込み系向けの特殊なCPUで、バルクでもCPU単体での販売は認められていないとのこと。

他のショップではマザーボードとのセット販売のようですが、FreeTはCPUクーラーとのセットでも可、というのは嬉しいですね。

もし、今使っているCPUクーラー(thermaltake Slim X3)があれば、それにしようと思います。



thermaltakeのHP

いつ入荷されるかわかりませんが、1度に入荷される個数は片手で数えられるほどらしく、時間がかかるかもしれません。

しかし、長いこと楽しみにしていたCPUなので、期待しています。

購入したら、i3 2100Tとの比較レポを行いたいと思います

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

Core i5 2390T がついに発売!

長らく更新が滞り、申し訳ありません。

現在、私がメインで使用している自作パソコンのCPUはSandy BridgeのCore i3 2100Tです。

TDPが35Wという低電力ながら、処理能力はかなりの物です。

しかし、クロック数が2.5GHzと若干物足りないのは事実です。

詳しいスペックはこちら↓
http://ark.intel.com/Product.aspx?id=53423

一方、Sandy Bridgeの製品一覧が発表された時、私が一番気になったのは、Core i5 2390Tでした。

2100Tと同様のTDPながら、より高クロックでTurbo Boost2.0対応。Turbo Boost時の最大クロック数はなんと3.5GHz。

詳しいスペックはこちら↓
http://ark.intel.com/Product.aspx?id=53448

この特殊なi5(Sandy Bridgeのi5は4コアでHyper Threadingなし、というパターンが多い)にとても興味があったのですが、なかなか発売されませんでした。

2100Tは2月の後半に発売されていたにもかかわらず、です。

ところがようやく、2390Tが発売された事がわかりました。
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110625/ni_ci52390t.html

今回はバルク品だったようで、すでに売り切れたのか、購入することができませんが、近いうちにBOX版も流通されると期待しています。

現在使っている2100Tと、この2390T、そして、i5 2500Tの性能を比較してみたい、というのが私の望みです。

急にパソコンが立ち上がらなくなった

急にパソコンが立ち上がらなくなった、というのは、
たまーに発生し、大問題を引き起こしますw

そんな中、ありがちで、かつ、簡単に解決できる場合があります。

それは、キーボード・マウス以外のUSBの機器を取り除く、という事です。

BIOS画面やメーカーのロゴ画面は表示されるのに、その後のWindowsが
起動しない、という場合にはUSB機器が原因の時があります。

USBメモリやマルチメディアカードリーダー、USB接続のDVDドライブを
刺しっぱなしにして、パソコンの電源をOFFにし、次に電源をONにしたところ、
立ち上がらない、ということはありませんか?

BIOS設定のBootの順番が運悪くUSBを最初としてしまっている可能性があります。
その場合、USB機器を取り除くことで、HDから起動することがあります。

その他、パソコンが立ち上がらない時は、以下の状況をチェックしてみてください。

**********

1.電源は付いているか。LEDのランプが付いたり、ファンの音が聞こえるか?

・電源は付いている→2へ

・電源が付いていない→コンセント、電源コードが本体に刺さっているかを確認。
延長コード、たこ足が原因の事もあるので、要確認。それでもダメなら故障の可能性大。


2.ディスプレイに何か表示されるか?

・表示される→3へ

・表示されない→デスクトップ型でディスプレイが別電源の場合、ディスプレイのコンセントや
電源ケーブルの接続を確認する。パソコンとディスプレイを接続するケーブルの点検。
場合によってはディスプレイ自体を他のものと交換する。それでもダメな場合は故障の可能性大。
ノートPCの場合、大昔のDSTN液晶でない限り、ディスプレイに関連する部分が故障している可能性が大。


3.何が表示されるか?

・Windowsの画面が表示されるものの、その後エラーになる→Windowsの問題。ハードディスク
自体は認識している。ハードディスクの故障か、OSのファイルシステムが破損している。
「セーフモード」「Windows 修復」などのキーワードで検索すると、解決策がみつかるかも。

・BIOSの画面やメーカーのロゴ画面は表示されるが、その後止まる→上にも書いたが、キーボード・
マウス以外のUSBの機器が刺さっていないか確認する。CDやDVDドライブの中にメディアがないかを
確認する。これらの対策をしても改善しない場合、HD自体を認識していない可能性がある。
HDの状況確認ができない人は、修理対応となる。

**********

何かの参考になればと思います。

テーマ : トラブル
ジャンル : コンピュータ

BUFFALOマイク(BSHSM05BK)を使ったら音が聞こえなくなった

これまでピンジャック式のマイクをパソコンにつないで、音声チャットをしていたのですが、
相手から「雑音がする」と言われる事が多くなりました。

壊れかけているのかもしれないな、と思い新しいものを買う事にしました。

USBのデジタルマイクがいい、ということで、BUFFALO BSHSM05BK を購入しました。

ところが、早速つないでみたところ、マイクは認識するのですが、それまで
普通に使っていたヘッドフォンから音がしなくなってしまいました。

このマイクには、付け根のとこにヘッドフォン用のプラグがあり、
すぐにこれが怪しいと感じました。

ただ、なかなかどこをどうやって設定するかわからなかったのですが、
解決した事もあり、ここで紹介しておきます。

私はWindows XP を使用していますので、Vistaや7の方は若干手順が
異なるでしょうが、参考になると思います。

1.[コントロールパネル]から[サウンドとオーディオデバイス]を
選択します。パソコンによっては[コントロールパネル]-[サウンド、音声、
およびオーディオ デバイス]-[サウンドとオーディオデバイス]かも
しれません。

2.[オーディオ]タブを選択し、[音の再生]を確認します。
C-Media USB Headphone Set(パソコンによっても違うでしょう)に
なっているものを、もう一つのもの(3つ以上ある場合は、いろいろ試してください)に
変更します。おそらく「HD Audio」や「AC97 Audio」という文字が含まれるものに
変更すればよいはずです。

3.用途によっては、[音声]タブの[音声再生]も変更してみてください。

4.[適用]ボタンを押し、[OK]ボタンを押します。

これで私は今までのヘッドフォンから音がなるようになり、マイクは
BSHSM05BK が使えました。

余談ですが、skypeを使用している方は、skypeは独自にデバイスを設定
できるようですので、[ツール]-[設定]-[オーディオ設定]から同様に変更して下さい。

テーマ : トラブル
ジャンル : コンピュータ

HP Pavilion Slimline s3440jp のパーツを使った自作PC

HP Pavilion Slimline s3440jp という省スペースパソコンの筺体、および、
各パーツを流用し、自作PCを作成しました。

hp01_009.jpg

このパソコンのケースには、mixi-ITX規格のマザーボードを装着することが
可能ですが、以下の制約があります。

**********

1.元々のマザーボードのATX電源(24ピン)のプラグのサイズが、通常の物と比べて
小さい(独自仕様?)。当然、電源側もそれに対応したプラグであるため、
一般的なマザーボードの電源プラグにささらない。

hp01_002.jpg
(上が一般的なATX24ピン、下がHPの電源コネクタ(24ピン))

2.Core2 Duo等のCPUを使用するが、元々のマザーボードにはCPU用ATX補助電源
(4ピン)がない。当然、電源側にも4ピンプラグがなく、一般的なマザーボードでは
起動時に必要な電力を供給できない。

**********

電源も独自仕様のもので、この電源を利用しない限り、s3440jpの筺体を使用した
自作PCを組むことができません。

ですので、改造が必要です。

1番目の問題を解決するために、通常のサイズのATX24ピンのオスを用意し
(今回は20ピン→24ピン変換フラグを流用しました)、電源プラグを取り換えます。
1本1本丁寧につなぎます(ヒートシュリンクチューブで絶縁します)。

hp01_001.jpg

hp01_003.jpg

hp01_004.jpg

2番目の問題を解決するために、DVDドライブ用のS-ATA電源をS-ATA電源とペリフェラル
4ピンに分岐し、ペリフェラルからCPU用補助電源プラグに変換するコードをつなぎます。

小さい筺体ですので、少しでもコードを短くします。

hp01_005.jpg

hp01_006.jpg

hp01_008.jpg
このような変換ケーブルを使用します(写真:amazon


この2点が解決できれば、あとはmini-ITXのマザーボードにCPUとCPUクーラーを取り付け、
マザーボードごとPCケースに取り付け、HDやDVDドライブをとりつけ、接続すれば完成です。

hp01_007.jpg

一度、電源ユニットに対するこの改造をしてしまえば、他の一般的なmini-ITXのマザーボードでも
使用することができるようになります。

ただし、電源の最大出力ワット数は180Wですので、電力消費の大きいCPUやグラフィックボードを
使用することはできません。

今回使用したマザーボード、ZOTAC G41-ITX Wifi にはPCI-E x16 のスロットが1つありますが、
基本はオンボードのグラフィックを使用するほうがよいかもしれません。

別途グラフィックボードを使用する場合でも、TDPの低いGPUで、補助電源不要で、ロープロファイルのものを
選択する必要があります。

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

PCの起動にすごく時間がかかる

先日、知人から

「パソコンを起動するのに、無茶苦茶時間がかかるようになった」

と相談がありました。

直観的に、時期的なものかな、と思いました。

時期的とは、この季節、そう、「寒さ」ということです。

寒さでPCが起動しないというのは、もちろん故障ですが、
そのような事例は、検索サイトの結果からしても、多々あるようです。

ところが、修理に出しても、修理するところは暖房がきいていて
再現しない、ということも考えられます。

何も、氷点下の屋外で使用しようというのではありません。
寒いと言っても、室内なのですから、5度はあるでしょう。

それで動かないのであれば、明らかに故障です。

しかし、再現に前提があるとなると、原因追究するのも大変です。

**********

パソコンを預かってきて、電源をつけたところ、マザーボードの初期画面は
正常に表示されました。

この時点で、マザーボード・CPU・メモリ(・場合によってはグラフィックボード)が
悪いわけでななさそうです。

ところが、Windowsの起動には、かなり時間がかかります(10分以上)。

と同時に、HDからわずかですが、異音が聞こえました。

HDに問題があるのは間違いないでしょう。

HDを買ってきて、OSから再インストールしました
(HDの丸ごとコピーは、コピー元のHDが不安定なので、見送りました)。

すると、問題なく起動するようになりました。

**********

今回の故障では、HDが少しでも温まった状態では、何の問題もなく立ち上がります。

逆に、寒い状態で起動した場合、十分に時間がたってHDが温まったはずなのに、
すべての操作が遅いまま、HDの読み込みはおかしいままのようです。

これをメーカーに説明するのは、(素人では)大変です。

「寒いところで十分に放置してから、検証してください」とお願いしないと、
異常なしで戻ってくる可能性もありますね。

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

ブログ名などを変えました

ブログの名前やブログの紹介文、記事の一部を変更しました。

一言で言うと、短くしました。

検索サイトで表示される内容をみると、ブログ名やブログの紹介が長すぎて、
肝心の本文があまり表示されないことが分かったためです。

あと、記事の題名も変更を入れました。その記事の内容を端的に表すワードを
先頭に加えました。

これで、もし、このブログの内容に興味を持ってくれる人がいた際に、
より多く来ていただけると思います。

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

PCケース Trio(SUNBEAMTECH) 入手!

自作パソコンの電飾化の記事で紹介したパソコンケース"SUNBEAMTECH Trio"を入手しました。

trio_004.jpg
(清掃途中の写真)

中古で入手したため(すでに日本では販売終了していて、新品では購入不可)、清掃を行いました。

ケースに傷や破損が若干ありますが、可能な限り修理する予定です。

とは言いましても、前面の3つのアナログメーターはちゃんと青く光りますし、サイドのアクリル板にも
ひびはありません。なかなかの美品だと思います。

当サイト管理人にパソコン自作の代行をご依頼いただける場合に限り、このケースを使用した自作パソコンを
提供いたします。

このケースが気になっていた方、チャンスです!この機会をお見逃しなく。

なお、このケースの価格は5,000円と設定させていただきます。

**********

日本では、サイドがアクリル板でできていないケースも発売されたようです。
http://www.ainex.jp/products/trio-np.htm

しかし、今回のものはサイドがアクリルで、電飾化には「もってこい」のケースになります。

このケースは2005年頃に発売されていたようですが、現在では販売が終了しています。
ですので、このケースが欲しい場合、たまに中古として売られているのを購入するしかありません。

また、他に似たようなPCケースがないのも事実です。アナログメーターの需要はあまりないのでしょうね

ただ、電飾化には適しているケースだと思います

しかもケース色はブラック!管理人が所有しているシルバーよりも、電飾のコントラストが
映えると思います。

ぜひ、ご検討ください。

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

microSDを取り出すのに電池を外すのは面倒!

過去の記事でも書きましたが、現在、私はSoftBank 002SHを使用しています。

002SHは、携帯に多くの機能を求める人に使われる事が多いと思います。

メーカー(シャープ)もそれはわかっているでしょう。現在考えうる、携帯にできることがすべて詰まっているのが、この002SHです。

特に、目玉の一つである機能が「HD画質の動画を撮影できる」事です。

ところが、高画質の動画を携帯電話本体内にあるmicroSDカードに留めておく人はどれくらいいるでしょうか?

もちろん、HDMIケーブルを用意して、テレビに出力するユーザーもいるでしょう。

しかし、パソコンなどに移して、加工して、場合によっては、動画投稿サイト(YouTubeやニコニコ動画)にアップロードする、こういう人も少なからずいると思います。

何が言いたいのかと言いますと、microSDカードを取り出すのに、

いちいち電源をOFFにして
電池カバーを外し
電池を取り出して
microSDを取り出す

という手順をしなければなりません。microSDを002SHにセットする場合は、当然逆の手順が必要です。

これは非常に面倒臭い事ですし、それをよしとするメーカー側の怠慢を感じます。

**********

こんな面倒臭い機種、他にもあるのだろうか、と調べたところ、シャープ製品では結構ありました。

「002SH、001SH、945SH、944SH、936SH、935SH、934SH、843SH、842SH、841SHs、841SH、840SH、824SHのmicroSDメモリカードスロットは、電池パックを外した内側にあります。」
http://k-tai.sharp.co.jp/peripherals/sd_support.html

他のメーカーでも、同様の仕様のものが多々あるようです。

**********

私はパソコンで編集した動画を携帯電話で視聴したい事もあり、この面倒臭さをなんとかしたいと考えました。

USBケーブルを使用するという手段もありますが、ケーブルを接続するたびに、携帯電話の側面にあるキャップを外していると、劣化してキャップが壊れてしまいます(ひとつ前に使っていた912SHは電源コードをつなぐところとイヤホンをつなぐところのキャップは使いすぎて取れてしまいました)。

それを避けるために、パソコンから携帯電話へのデータ転送の方策としてBluetoothを使用することにしました。

データの種類によっては、直接microSDカードに送ることができなかったり、データ送信速度が遅かったりしますが、電池をいちいち取り外すよりははるかに便利になりました。

近いうちに、詳しい内容をこのブログで紹介したいと思います。

テーマ : SoftBank(ソフトバンクモバイル)
ジャンル : 携帯電話・PHS

SUNBEAMTECH Trio 【PCケース】

PCケース SUNBEAMTECH Trio を実際に使用してみての紹介(口コミ)です。

2011年1月7日
パソコン電飾化の記事で紹介した、パソコンケース"Trio"の黒(中古)を入手しました。

このケースが気になっていた方先着1名様にこのケースをお譲りします。
※パソコン自作の代行をご依頼いただいた方限定です。
(詳しくはこちら

**********

更新情報
2011/1/1 新規作成
2011/1/7 情報追加

**********

メーカーサイト:http://www.sunbeamtech.com/PRODUCTS/Trio/trio.htm
coneco.net:(N/A)
価格.com:(N/A)

※販売終了品?
※日本ではサイドがアクリルになっていない製品も販売されたようですので、
ご注意ください。

**********

購入情報
年月日:2010/12/18
販売店:Yahoo! オークション
価格:約5,000円

**********

trio_001.jpg

※2か所のLED付きファンは別途、当ブログ管理人が取り付けたものです。

※メーカーページでは、サイドファンにLEDが付いているようですが、
新品で購入した場合、どのようなファンが付いてくるのか不明です
(管理人は中古で入手したため)。


前面下と背面に12cmのファンを取り付けることができます。

前面下の12cmファンは取り外すのが難しいですが、3.5インチシャドウベイの中を
やや無理やり通すことで、外に出すことが可能です(故障の責任はとれません)。

サイドにパネルがあります。

trio_003.jpg

上から

・ヘッドフォンのボリュームコントロール
・ヘッドフォンOUT
・マイクIN
・IEEE1394
・USB
・(このパネルに連動している)ファン回転数のコントロール

です。

3つのアナログメーターは、上から

・ヘッドフォンの出力レベル
・(このパネルに連動している)ファン回転数
・(このパネルに連動している温度計の)温度

を表示しています。

ケースの作りとしては、頑丈、とは言い難いです。
詳しくは、このケースを使った自作PCレポートをご覧ください。

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

光もので電飾しよう! パソコン組立てレポ No.7(その2)

自作パソコン組立レポート No.7(その2)です。

**********

更新情報
2011/1/1 新規作成

**********

レポート内リンク
その1

**********

自作パソコン(PC)の魅力の一つに、「」というのがあると思います。

市販のPCでは、電飾はほとんど見かけません。その理由を想像すると、

・趣味の差が大きい。
・電飾の分、値段が高くなる。

というところでしょうか。

でも私、光りもの(光物)大好きなんですよね

夜景も好きですし、夜、車のオーディオが必要以上に「ぺかっ」と光っていると
嬉しかったりします。

でもこれ、男の特性みたいですよ。うちの嫁、全く興味なしですから

夜景の綺麗なレストランで、と張り切るのは男の側。女性は別に嫌じゃないでしょうが、
それよりも「誰と食べるのか」や「美味しい料理なのか」のほうに重点を置くかも
しれませんね。

話を戻します。

せっかく自作PCを使うのであれば、電飾してみよう、と思ったわけです。
LED付きファンはもちろんのこと、ケースに光るギミックがあればなおよしです。

まず、この写真をご覧ください!

trio_002.jpg

自己満足的には、いい感じだと思うのですが

なお、全体像はこんな感じです。
ケースのカラーはわかりにくいかもしれませんが、シルバーです。

trio_001.jpg

あまり光らせ過ぎても大人げがないと思いまして、光るファンは2つにとどめました

今回の電飾で最重要なのは、3つの粋なアナログメーター付きのケースでしょう。
もちろん、サイドのアクリルは必須

これは"SUNBEAMTECH"の"Trio"というケースです(詳しくはリンク先を見てください)。
残念なことに、日本では販売終了品のようです(海外では購入できる?)。

ヤフオクで出品されているのを見て一目で気に入り、「絶対に落札しよう!」と
思いました(無事、落札できたのは言うまでもありません)。

この3つのメーターは上から「ヘッドフォンの出力レベル」・「ファン回転数」・「温度」になっています。

実は、このケースは側面に下のようなパネルがついています。

trio_003.jpg

一番上のスイッチがボリュームのコントロールで、一番下のスイッチがファンスピードの
コントロールなのです。これに連動して、アナログメーターが動きます。

また、温度は温度計とつながっており、ケース内に貼りつけた温度計の先端と連動する
ことになります。

しかし、この3つのメーター、実用性は低いんですよね。

これだけ大きなPCケースは、床置きになりますよね?

ちょっと温度を確認しようと思っても、わざわざしゃがみこんで
確認するのは面倒臭いです。

今のマザーボードにはBIOSの温度をWindows上で確認するツールが
付いていますから、それを常駐させるほうが現実的です。

温度以外の「ヘッドフォンの出力レベル」・「ファン回転数」に至っては
確認する必要があるのか?という内容ですしね。

ファン回転数もこのパネルにつながっているケースファンの回転数ですから、
CPUファンのように即効性があるわけでもありませんし。

※CPUファンと連動させることも可能でしょうが、サイドパネル側は
ペリフェラル4ピンのため、変換ケーブルが必要になるでしょう。

同じような機能はファンコントローラーを導入し、5インチベイに搭載
すれば実現可能でしょうが、この位置に、しかも、縦に並んでいるのが
おしゃれですよねー。

まぁ、デザインよければよし、です

一方で、ここだけの話、ケースの「作り(構造)」はちょっと甘いところがあります。

まず、鉄板がやや薄いかもしれません。
このケースにする前の物のほうが、しっかりとしていました。

あと、PCIなどの拡張ボードのフタがあるじゃないですか?
あれが鉄板にくっついていて、一度外すと再度くっつけられないんです。

普通は長いL字型をした、フタがついていて、ネジで固定しますよね?

このケースはそうではなく、プラモデルのパーツを枠から外すのと
同じ要領で、マイナスドライバーを使って、一部鉄板とくっついている
所を切り離すのです。

なので、一度取り外すと、再度付けることはできません。

そのスロットを使わなくなったときに、L字型のフタを別途どこからか
調達してこなければならないんですよね。

でも、このケースは十分満足していますよ。

落札価格は約5,000円。PCケースは大きいので、送料が別途1,200円かかりましたが、
安い買い物だったと思います。

続きはその3(近日公開)で。


**********

レポート内リンク
その1

**********

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

広告

カテゴリ別リンク
自己紹介
002SHネタ
日記
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク

月別アーカイブ
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。